中国在宅貿易で生き残る為にリスク軽減していくべきOEM商品の進め方!!

中国在宅貿易で生き残る為にリスク軽減していくべきOEM商品の進め方!!

 

中国輸出入貿易をAmazon販売で在庫リスクを考えてみると

過剰在庫・在庫荷担になり資金が回らなくなってしまうケースがあります。

これはとても大きなリスクです。

 

売れなくなってしまった商品は資産ではなくなり負債となります。

どのようにすれば良いのか皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 

一昔前では、相乗りをして価格破壊が起こり

商品が売れなくなると言う時代がありました。

最近では新規出品ページを作成して販売する事が主流です。

 

しかしそれも、SKUが増えると管理が大変!!汗。。。

FBAの保管料が思ったよりかかるなどの問題点が発生します。

 

この様に同じ商品ではライバル商品の競争では価格動向を調査し

価格管理をする事が販売して行く上で重要なポイントになっています。

 

ここでは、単純転売からOEM商品へ移行する事で

1商品でも多くの利益が確保する事が出来るので進め方を解説して行きます。

 

・OEMに特化したリサーチが必要

・ライバルとの商品との差別化を考える

OEMに特化したリサーチが必要

カテゴリーの上位商品がなぜ売れているのかを

分析する事で売れている理由などを探る!!

 

上位商品を分析し売れ筋商品を見極める事が

今後の販売して行く中での鍵になります。

 

また、上位商品以外でもお宝商品が埋もれているので

リサーチの幅を持って行うと良いでしょう。

 

相乗りリサーチとは違うので必ずしもAmazon

リサーチした商品を中国(アリババ)で探す必要は無く

もっと良い商品が無いか探す事もポイントになります。

 

OEMリサーチでは

カテゴリーや商品の市場規模がどのくらいあるのかを見極めます。

そして、Amazonで販売していない商品をアリババで探すし

次に自分だけの商品に作り変える事がオリジナル商品(OEM)となります。

 

ライバル商品との差別化を考える

OEMを考える前に、商品の差別化を図るには

セット商品にして販売する有効な方法もあるので解説します。

 

セット商品とは

単純に同じ商品を2個、3個、5個セットなどとして販売する事も有りですが

ここでは販売したい商品の関連した内容の物を付ける事を意味します。

『商品に付加価値を付ける』となります。

 

また、売りたい商品とは全く関連付けが出来ない商品をセットにしても

「おまけ」としてみなされるので、

万が一悪質な中国セラーの相乗りに合っても

排除出来ない場合があるので注意しましょう。

 

OEMを進める上での2つ考え方のポイント

 

一つ目は、売れている商品と同じ物をアリババなどで探し改良を図る

二つめは、売れている商品の類似商品

     Amazonで販売していない商品をアリババで探し改良を図る。

OEMを進める商品製作のポイント

・リサーチした商品の悪い評価・レビューをみて改善内容をリストアップする

・アリババでの店舗及び商品(既存品)の候補をリストアップ(複数)

・商品に(メーカー)ロゴを入れる、紙タグ、布タグ

・材質の変更、外箱、オリジナル袋を付る

・セット商品で付加価値を付ける

・最低ロット、納期を確認する

・仕入代行業社を通して改善案を店舗と協議し

 何が出来て、何が出来ないのかを把握する。

・商品画像を独自(外注依頼)で撮る

・試作及び改善した商品をテスト仕入しチェックをする

・文章はライバルを参考(他のネットショップなど)

など

 

まとめ

今後、中国貿易をしAmazonで販売しリスク軽減を図るには

単純転売から⇒簡易OEM、更に⇒オリジナル商品

の開発と言った様にステップアップして行く事で

より長く利益を確保し売上をアップしていきリスクも軽減する事に

繋がっていくのではないでしょうか。