米国(Amazon)で規制製品を販売する際は、FDA登録をなぜ利用するのか?

米国(Amazon)で規制製品を販売する際は、FDA登録をなぜ利用するのか?

 

米国で商品を販売するにあたって

規制許可を受ける必要がある商品があります。

 

主に対象商品は、食品・飲料、化粧品、医薬品、医療機器、日用品などです。

しかし米国外の企業がFDAへ申請するためには

米国代理人(FDA米国エージェント)が必要となります。

 

ここでは、日本の方がFDA登録する為に

『FDA登録』を解説したいと思います。

 

・FDA登録の業務内容は?
・輸出事前検査やFDA登録が必要になるかも?
・まとめ

 

FDA登録の業務内容は?

 

・米国規制調査(FDA、EPA、USDA等、及び州規制)
・各種登録、申請サポート
・市場調査、米国販売前のフィージビリティスタディ、レポート製作
・販売代理店のリストアップ、販売交渉サポート
・ISO認証取得サポート
・米国進出コンサルティング

この様に、FDA登録だけではなく

米国への進出サポートまでコンサルティングされている様です。

 

輸出事前検査やFDA登録が必要になるかも?

 

輸出をする上で、規制があり事前検査や

FDA登録が必要になり得る商品があります。

 

日用品でも食器やスプーン・フォーク・ナイフなど、口に触れるものや

液体、土、樹木、木の片辺、種子

木製品(木を加工したもの)などがあります。

 

一見、見落としてしまいがちな商品でも規制が掛る商品は沢山あります。

商品選びの際には、そのことも十分に理解した上で行うと良いでしょう。

 

まとめ

 

普段、私達が何気なく生活をしている上では

思いも寄らなかった出来事が輸出では起こりえます。

 

いかにリスク回避をし輸出を行なう事ができるなら

あなたは大きな成功を手にするやも知れません。

 

下に『FDA登録』のリンクを貼っておくので

規制のある商品を取り扱う際は活用してみてください。

 

『FDA登録』
http://fdatouroku.com/