アメリカでも転売ってできるの?アメリカで商品を売るもっとも簡単な方法

アメリカでも転売ってできるの?アメリカで商品を売るもっとも簡単な方法

楽天、ヤフーショッピン、日本amazonそしてヤフオクで、転売している人は日本で1万人いるとも言われています。

 

では、海外のショッピングサイトでセラーとして転売をしている人はどれぐらいいるでしょう?

 

今日は、アメリカで転売するもっとも簡単な方法について説明していきます。

 

アメリカで売るなら米国Amazonが一番売れる

日本のショッピングサイトといったら楽天が一番最初にあがると思います。

ではアメリカではどうでしょう?

 

答えは、圧倒的にamazonなんです。

こちらの表は「comScore」という調査会社が発表した昨年度のアメリカでのECマーケットのランキングになります。

あのWallmartやAppleを抑え、amazonは群を抜いて一番なんです!

 

実際、米国amazonのプライム会員はアメリカ国民の5人に1人という計算になるとも言われています。恐ろしい数字ですよね?

 

日本amazonと比べると利用者数は9倍とも言われています。

想像よりはるかに大きなマーケットになります。

 

ショッピングサイトを選ぶときサービス内容や手数料などで比較したいという意見もあると思いますが、まずアメリカのネットで販売するならamazonは本当に無視できない存在なんです。

 

サービスに欠かせないのがFBA

さらに、米国amazonはサービスの面でも優れています。

皆さんはアマゾンのFBAというサービスをご存知でしょうか?

FBAとはフルフィルメント By アマゾンの略です。

 

日本amazonを使われたことがある方ならきっと知っていると思いますが、FBAとはアマゾンが倉庫での在庫管理、販売発送サービスさらに売上の管理を全部行ってくれるサービスなんです。

 

考えてみてください。

アメリカで販売する時に、商品が売れたら一個一個日本から発送していたら大変ですよね?

手間の部分はもちろんですが、一つ一つ送っていたら、送料も割高になるし、そもそもお客さんの手元に届くのはどれだけ時間がかかるのでしょう?

 

FBAでは、一度に全ての在庫をアメリカの倉庫へ送ることができるので、日本-アメリカ間の送料は一回で済みます。

また、アメリカ国内での発送作業はamazonが行ってくれ、なんとアメリカ国内であれば2日以内に商品がお客さんの手元に届きます。

 

アメリカに倉庫や流通経路を持っている人ならまだしも、これからアメリカでモノを売りはじめたいと考えている人にはFBAは欠かせないのではと思います。

 

仕入れに関して

最後に、転売する商品の仕入れもとについてですが、これは主に日本の商品を日本から送る方法と中国の商品を代行業者を通じて転売する二つ方法があります。

ということがあると思います。

 

こちらについてはまた別のブログで詳しく説明したいと思います。

それではまたお会いしましょう!