副業で不動産投資を始めて稼ぎたい方に知ってて損はない、メリット・デメリットとは?!

副業で不動産投資を始めて稼ぎたい方に知ってて損はない、メリット・デメリットとは?!

副業で不動産投資が安定的に稼げて注目されていますね。
最近、不動産投資をした方が自己破産をしたと言う事も少なくありません。

不動産投資は、所有している建物を貸すことでその賃料を得て収入を得ることを示します。
不動産投資には大きく分類すると下記のような2種類があります。
大家として賃料を得るものと、もう一つは少額からスタートできるREIT(リート)というものです。
ここでは、大家として賃料を得る不動産投資について解説したいと思います。

 

・大家として賃料を得る不動産投資
・不動産投資の特長
・マンション投資の落とし穴に注意しましょう
・不動産投資のメリットとは?
・不動産投資のデメリットとは?
・まとめ

 

 

大家として賃料を得る不動産投資

ご存じに方も多いと思いますが、こちらは一般的にアパートやマンション経営して入居からから支払われる賃料を収入とする方法です。
土地、建物の全てが自己所有(自己負担)になりリスクもありますが、得られる賃料がすべて収入になるため
長期的に入居者の確保が可能であれば将来性のある不動産投資であると言えます。

しかし開始時に多くの資金が必要になり、入居者の確保が確実ではないというハイリスクの部分があり、
経営をきちんと行い、ニーズに応えることができれば将来に渡り、安定した収入が実現できます。

安易に、遊んでいる土地があるからと言ってアパート経営をしませんか?と、営業にくる業者が沢山あります。
入居者保証します!税金対策・相続税対策などと、言葉巧みに契約を進めてきます。

※悪徳業者には気を付けてください。

 

不動産投資の特長

・価格の変動が緩やか(地下・建物の価格)
・価値が0になることはない
・半永久的な需要が見込める
・「住」という人間生活に欠かせないものである

 

 

マンション投資の落とし穴に注意しましょう

「マンション投資」と検索すると「利回り1●%!」などっと、いかにも利益が簡単に出ると思ってしまうような見出しがたくさんあります。
しかし、これは表面利回りになるので十分に注意が必要です。

表面利回りとは、購入金額と家賃収入だけを見て算出した利回りのことです。
しかし、購入した後に発生するのは家賃収入だけではありません。
管理費、修繕費、維持費等、様々な費用が発生するのです。
これらも踏まえた実質利回りは3%~4%ほどになるところが多いようです。
また、入居者が入っていればと言う前提の元での利回りなので、入居者の出入りなどもありますので物件に寄って精査しましょう。

 

不動産投資のメリットとは?

・不労所得が得られる
・小額投資でスタートできるものもある
・相続対策が可能
・計画的に資産を作ることができる
・半永久的な収入資産になる

 

不動産投資のデメリットとは?

・資金(キャッシュ)がいる
・入居者確保のリスク
・災害による建物損壊のリスク
・資産価値・売却価格下落のリスク
・流動性の低さ
・管理の手間

 

 

まとめ

不動産投資にもリスクが存在します。
経済的リスク・金利上昇リスク・税金リスク(増税)・運用(空室)リスク・人口減少による供給過剰リスク

NRIでは昨年9月に2018年および2023年の空き家数・空き家率について予測

これから、副業で不動産通しを始める人は、不動産投資にメリット・デメリット・リスクを十分に理解をしてくださいね。