プログラミングを子どもが楽しむためのスクラッチ(Scratch)とは?

現代社会において、子どもがプログラミング教育を学ぶ状況に不安を感じる保護者がいらっしゃいます。

「ご自身の子がカリキュラムについて行けるんだろうか」「プログラミングができる子どもとそうではない子どもの間に格差が起こってしまわないのだろうか」。

2020年から小学生でもプログラミング教育がスタート致します。新たなことが動き始めるときにはわかってないことばかり、戸惑いや疑問があって当たり前だと思います。

心配を払拭するには、明確になっていない内容を明確にしていきましょう。今回の記事ではプログラミング学習を子どもが学ぶとどんな影響があるでしょうか。

また実在のプログラミング学習はどういうようなものになるのかを解説します。

 

子どもにプログラミングは難しい?

2020年から小学生、中学生、高校生で段階的にプログラミング教育がはじまります。国が積極的に遂行することなのでまったく全ての子どもがプログラミング学習を学ぶことになってきます。

このような状況に、子どもがいる保護者においては不安に感じている方がいらっしゃいます。プログラミングでは「簡単じゃない」想いが見られることからというものです。

プログラムに関しては、一部分のエキスパートしか取り扱えない知識や技能であり大人でも初心者は手が出すことができないと普通の子どもではカリキュラムについていけないんじゃないかと躊躇してしまっています。

「プログラミングはハードルが高すぎる」と、すべての人が考えていること。だとすればどこが難しいのであろうか。スタンダードなプログラミング場合は、専門の言語を用いてコンピューターに提示します。こういったプログラミング言語を学習することが容易じゃないという方がいらっしゃいます。

最初の一歩として、プログラミングをすることは専用の言語を覚える必要があげられます。フランス語がわからない人が、フランス人と話を話せないように、プログラム言語を知らない人はプログラミングは出来ないでしょう。

またプログラムを書くことをコーディングと言いますが、その中でキーボードを打つ必要性があります。キーボードを打つことをタイピングといいますが、普段からPC(パソコン)を使わない人には、大変な作業です。

その為専門用語を覚えてたり、実際にパソコンを操作したりすることの方が出来ないので、「プログラミングは難しい」と思われています。

 

スクラッチでも本格的なプログラミングができる

子供たちは遊び感覚でScratchを操作して、いつのまにかプログラムを完成させることができるでしょう。

本格的なプログラミングは難しいですが、子どもが扱える仕組みを作ってあげるとできるのではないかと、そういう考えで開発されたのが「スクラッチ」です。

スクラッチはビジュアルベースの画面を直接操作出来るプログラミング環境です。スクラッチで一番の特徴は、キーボードを使わずにプログラミングをすることです。従ってタイピングによるコーディングを必要としないプログラミング環境だということなんです。

今までパソコンにふれていなかった子ども達や、パソコンに不慣れな大人の方でもあっても扱えることを意味します。子ども達は遊び感覚でScratchを操作して、いつのまにかプログラムを完成させることが出来るのでしょう。

 

プログラミング子ども塾

>オンラインこどもプログラミング塾
『最強の講師陣』による”業界初”のオンラインこどもプログラミング塾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です